長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

南 信  任意売却の成功事例・お客様の声

  • HOME »
  • 南 信  任意売却の成功事例・お客様の声

解決された方の声

5「住宅金融支援機構のゆとりローンで、ゆとり期間が終了して住宅ローンの返済ができなくなり、任意売却をして住宅ローン問題を解決する。」(伊那市在住のSさん)
伊那市Sさん ゆとり期間が終了して住宅ローンの返済ができなくなり、任意売却により住宅を処分して住宅ローン問題を解決したケース。
 伊那市荒井で新築の住宅を建設した際に「ゆとりローン」を利用したSさん(52歳)から、「月々の支払いが当初の倍になり返済が続けられない。どうしたら良いか」というご相談が当社にありました。Sさんは地元では名が通った会社に勤務するサラリーマンですが、会社の業績は思わしくなく、昇給と賞与が無かくなり、それにもかかわらず、ゆとりローンですので、借入当初の返済額は11万円程度でしたが、現在は毎月24万円の返済を続けていました。お子さまが相次いで大学進学されたこともあり、住宅ローンの返済はとても続けられる状態ではなく、住宅ローンの残高はまだ2300万円も残っていました。
 当社で担当が任意売却のメリットやデメリット、また想定される期間などをご説明し、Sさんは任意売却をする決断をされました。Sさんの場合、まだ住宅ローンの滞納が無かったので、ご相談いただいた次の月から返済を止め、6か月後に代位弁済がされた後に任意売却となりました。代位弁済からサービサー決定、販売価格決定と進み、販売開始後は人気のエリアだったこともあり1ヶ月ほどで契約となりました。
 Sさんは任意売却の販売開始前に、より販売活動をスムーズにするため、伊那市内の賃貸アパートに引越しました。任意売却後には500万円を超える残債務が残りますが、子供たちが独立するまではどうしても自己破産したくないというSさんの希望から、毎月3万円ずつ分割で返済することにでサービサーとの話しがつきました。二人子供が大学卒業後(3年後)には自己破産をする予定です。
 住宅ローンの支払いが苦しくなったと思ったら子供たちの教育費がどんと上がってしまいどうしたら良いか分からず、御社に助けを求めました。任意売却や自己破産といった言葉を聞いた時、最初は正直怖くなりました。これで俺の人生は終わったと。ただ、今は子供達を一人前にして社会に送り出して、その後自己破産をし、本当の意味で再スタートできるのが楽しみです。本当に色々おせわになりまして有難うございました。
(伊那市のSさん)

※ 伊那市・駒ヶ根市・飯田市・辰野町・箕輪町・飯島町・中川村・高森町・南箕輪村・松川町等の任意売却は、圧倒的な任意売却の成功実績と豊富な経験がある当社にお任せ下さい。
当社は、競売取り下げ実績でも長野県でダントツの実績があります。

※伊那市・駒ヶ根市・飯田市・辰野町・箕輪町・飯島町・中川村・高森町・南箕輪村・松川町等におきましても、過去何件もの任意売却と競売取り下げの実績があります。

伊那市・駒ヶ根市・飯田市・辰野町・箕輪町・飯島町・中川村・高森町・南箕輪村・松川町等の皆様で、裁判所から競売開始決定の通知が来ると、諦めてしまう債務者の方が非常に多いのです。諦めてしまって、坦々競売手続きの流れで開札日を待っていては、延滞金が増えるだけで、皆様にプラスにはなりません

伊那市・駒ヶ根市・飯田市・辰野町・箕輪町・飯島町・中川村・高森町・南箕輪村・松川町等の皆さん諦めないで下さい。任意売却と競売取り下げは開札日の前々日まで可能です。

 

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP