長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

中 信  任意売却の成功事例・お客様の声

  • HOME »
  • 中 信  任意売却の成功事例・お客様の声

解決された方の声

31「本人や家族の協力がなくて内覧が困難で苦労したけど、何とか任意売却に成功した事例」(松本市在住のVさん)
 松本市の私鉄沿線の住宅地のZ駅徒歩3分のところに平成14年頃建設した15階建ての分譲マンションがありました。V氏は、松本市に工場がある一流コンピューター関係の製造メーカーの松本工場に勤務していましたが、時代の流れにより製造拠点が海外に移転してしまった為に、3LDKの分譲マンションを購入してから僅かな期間でリストラされてしまいました。何とか、毎月々の住宅ローンの支払を無理している状況で、分譲マンションを購入してから一年後、まずは固定資産税を滞納し始めまして、固定資産税を滞納額だけでも数百万円に及ぶ状況になってしまいました。そして、長男が大学に行くという事で、学費と仕送りで完全に住宅ローン破綻となり、当社に相談がありました。
 サービサーK社の担当者J氏に「任意売却の申し出書・専任専属媒介契約書・売出価格確認申請書・実査チェックシート・価格査定書」を送りまして、価格の指定を受けまして、任意売却をする事になりました。売り出し価格は1800万円でした。直ぐに引越しをしてもらい部屋をきれいにしてもらい、鍵を預からせてもらう旨、V氏に伝えました。
しかし、V氏から「引越しのお金も無い、リースバックで投資家に買ってもらえないか。」という発言がありました。リースバックは、任意売却の売出価格が高すぎるので、10%の利回りだと月額家賃15万円払える状況でないと無理である。」旨説明しましたが、それを理解してもらえませんでした。
V氏の妻Kさんがリースバックを望んでいるとのことで10万円を超える家賃を支払ってもいいから、このまま住みたいという気持ちらしくて、投資家に売却して頂きたいと要求されて最後まで調整が付きませんでした。さらに、エンドユーザーから内覧したい希望があった場合、直ぐに内覧出来るように鍵を預からせて頂きたい旨お願いいたしましたが、「妻Kさんが駄目だといっている」と言って断わられてしまいました。大手物件情報サイトに物件記載を致しましたら、エンドユーザーから問い合わせがありましたが、V氏や妻Kが、大変内覧を嫌がっていて理解を得られず、二・三お客をお連れしましても、一々V氏が会社を早退して帰って来て鍵を開ける状況であり、土日の内覧は認めてもらえず、お客様をお連れしてマンションの内覧をする事自体嫌なようで、全然協力をして頂けませんでした。その結果、大変苦労致しましたが、協力不動産会社K社が、そのマンションの仲介に強く何とか客付けをしてくれまして、任意売却に成功し競売を逃れることができました。(松本市在住のVさんの成功事例)

※松本市・安曇野市・塩尻市・山形村・朝日村・岡谷市・諏訪市・下諏訪町・茅野市・大町市・松川村 の任意売却は、圧倒的な任意売却の成功実績と豊富な経験がある当社にお任せ下さい。
当社は、競売取り下げ実績でも長野県でダントツの実績があります。
※松本市・安曇野市・塩尻市・山形村・朝日村・岡谷市・諏訪市・下諏訪町・茅野市・大町市・松川村等におきましても、過去何件もの任意売却と競売取り下げの実績があります。

裁判所から競売開始決定の通知が来ると、諦めてしまう債務者の方が非常に多いのです。諦めてしまって、坦々競売手続きの流れで開札日を待っていては、延滞金が増えるだけで、皆様にプラスにはなりません。

皆さん諦めないで下さい。任意売却と競売取り下げは開札日の前々日まで可能です。

 

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP