長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

任意売却とは

  • HOME »
  • 任意売却とは

任意売却と競売の違い

 「競売の場合」

競売になってしまった場合、市場の2~3割で落札される場合が多く、ローンの残債務が多く残ってしまったり、インターネットや新聞などで物件が紹介される為、近隣に知られてしまったりするデメリットがあります。
また落札された場合は事務的に話が進み、新居が決まっていなくとも退去させられてしまいます。

 

「任意売却とは」

任意売却は、あなたの意思(自ら売却すること)を確認し銀行側との合意のうえ、一般市場で売却を進めます。そのため、近隣の方へあなたの事情がわかることなく、一般的な引越を装う事ができます。引越時期や、その他あなたの事情を考慮し、いろいろな面で相談が可能です。
また任意売却では、“引越はしたくない” “家を守りたい・手放したくない”というお気持ちが強い方の場合、親子間売買・親族間売買あるいは買戻し・リースバック不動産という方法で解決できる場合もあります。

「任意売却は費用0円」

任意売却は売主が自ら持ち出す費用はありません。当然仲介手数料や抵当権の抹消費用や売却に伴う引っ越し費用も発生しますが、金融機関と交渉によりそれらの諸費用を売却代金から差し引きますので実質的に費用はかからないのです。

競売と任意売却の比較

競売 任意売却
 売却金額 相場よりもかなり安く落札されるので、家を失ってもなお多くの債務が残る 相場に近い価格で売却できるため、残債を少なく圧縮できる
 返済 残債務の返済方法を交渉できない 交渉により、少しずつ無理なく返済できる
 退去時期 落札者の都合で立ち退きを迫られる 引越時期など、ある程度希望を聞いてもらえる
 機密性 競売物件として新聞やチラシで公開されるため、近所に知られてしまう可能性が大きい 通常の売却と同じ販売手法なので秘密は守られ、近隣の方には通常の引っ越しを装えます。
 退去費用 原則、立ち退き料などは、もらえない 交渉次第で、引越代を手元に残せる
 将来  先行きが見えず、心理的な負担が大きい  計画的に新生活の準備ができる

主な任意売却対応エリア

長野県全域
長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ケ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市
南佐久群、北佐久群、小県群、諏訪群、上伊那群、下伊那群、木曽群、東筑摩群、北安曇群、埴科群、上高井群、下高井群、上水内群、下水内群、その他近県

お気軽にご相談ください。

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP