長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

東 信  任意売却の成功事例・お客様の声

  • HOME »
  • 東 信  任意売却の成功事例・お客様の声

解決された方の声

26「境界線問題も解決して、入札開始日の前日に競売取り下げが出来て、再出発が出来た。」(東御市在住Oさん)

東御市Oさん リストラにより失業し、再就職が出来ず、競売になり、しかも、隣地との境界線が明確でなくて任意売却を諦めていたけど、任意売却に成功してして住宅ローンを返済し、競売取り下げできたケース(入札開始日の前日に競売取り下げに成功する。)

 

Oさん 年齢40歳  東御市在住 職業:派遣 リストラによる失業家族構成 妻34歳(パート)・子共1人(長女中学3年生) 
平成15年新築 当初の住宅ローン3700万円 
ローン月返済額14万円 住宅金融支援機構融資 
住宅ローン残額2900万円  任意売却価格2300万円 
残額600万円  任意売却後の返済額月額10,000円  
競売取り下げ
 Oさん40歳は、地元金融機関を窓口にして住宅金融支援機構から住宅ローンの融資を受けて3700万円の住宅ローンを組み住宅を建設する。ところが、時代の流れで、本人はリストラにあい職を失い、職安に行くがなかなか職が見つからず、蓄えておいた貯金も使い果たし、住宅ローンを滞納してしまう。そして、債権も金融機関から住宅金融支援機構へと移り、住宅金融支援機構が債権回収を委任したサービサー(債権回収会社)から競売の申し立てをされてしまう。そして、執行官が鑑定人と物件の査定に来ました。そんな状況の中、当社に任意売却の相談がありました。Oさん本人は、今まで何度も任意売却をしようと思っていたけれども隣地境界が定かでなくて測量費用もなくて任意売却をあきらめていたとの事でした。
 当社では、Oさんと面談をして、債務の状況や住宅の土地・建物の確認を致しました。そして、金融機関との円満な形での住宅ローン問題の解決方法である任意売却の説明をして任意売却をする旨の同意を頂きました。専任専属媒介契約書・任意売却申出書に署名押印を頂き、専任専属媒介契約書・任意売却申出書をサービサーの担当者に郵送で送り任意売却の承認を頂きました。販売価格については、サービサーの指示を仰ぎサービサーに価格を指定して頂き、サービサー指定価格で買主を見つけるように致しました。そして、立地場所が良かった為に不動産買取会社が高い金額で購入してくれるという事で、サービサーの承諾も頂けました。
一番本人が心配していた隣地との境界線問題も、不動産買取会社が実費を負担してくれて測量をして、隣地立会いをして境界線を確定してくれました。測量と隣地立会いの為時間がかかりましたが、入札開始日の前日に任意売却が成立して代金決済・契約が完了して、無事競売の取り下げが出来ました。
 任意売却により、競売の入札開札日の前日に住宅が売却できて競売も取り下げ出来て、残債務については生活状況報告書をサービサーに提出して生活に支障のない金額を返済すれば良い事になり、Oさんは引越し先も決まり就職先も決まりまして、再出発が出来ました。
 任意売却で、住宅ローンが減少し、一番心配していた境界線問題も簡単に解決できて、引越し先も見つかり再出発が出来ました。就職についてのノウハウのある御社の指導で就職も決まり、残債務については生活状況報告書をサービサーに提出して生活に支障のない金額を返済すれば良い事になり、本当にありがとうございました。(東御市在住Oさん)

※ 上田市・東御市・佐久市・小諸市・軽井沢町・御代田町等の任意売却は、圧倒的な任意売却の成功実績と豊富な経験がある当社にお任せ下さい。
当社は、競売取り下げ実績でも長野県でダントツの実績があります。

※上田市・東御市・佐久市・小諸市・軽井沢町・御代田町等におきましても、過去何件もの任意売却と競売取り下げの実績があります。

上田市・東御市・佐久市・小諸市・軽井沢町・御代田町等の皆様で、裁判所から競売開始決定の通知が来ると、諦めてしまう債務者の方が非常に多いのです。諦めてしまって、坦々競売手続きの流れで開札日を待っていては、延滞金が増えるだけで、皆様にプラスにはなりません

上田市・東御市・佐久市・小諸市・軽井沢町・御代田町等の皆さん諦めないで下さい。任意売却と競売取り下げは開札日の前々日まで可能です。

 

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP