長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

2、任意売却が全てでない場合もあるがやはり任意売却はベターな方法

  • HOME »
  • 2、任意売却が全てでない場合もあるがやはり任意売却はベターな方法

もちろん、任意売却が全てではありません、任意売却をする場合でも市場価格が低くなったり、たたかれてしまう場合もあります。また、実際のところ、一般の人が競売に参加しやすくなってきたので、一般の人の競売参加によって、競売価格が、上昇しています。個人住宅や分譲マンション等を中心にして、なかには、実勢価格とあまり差がないものもあります。競売物件について、一般の人が参入して来た結果として、一般の人が住宅を見学する感覚で、競売物件を見学に来て、中には、建物内の閲覧が出来ると勘違いして、中を見ようと家の中に入って来たり、敷地の中に入って来たりするという新しい問題も発生しています。よって、精神的に、競売よりも精神的に負担がないという事は事実です。やはり、なんといっても任意売却がベターです。

↑    市場価格    ⇒ 任意売却の可能性
実勢価格
↓    競売価格

一般の人の競売参加による新たな問題点
*競売物件は、内部の閲覧が出来ないのにも関わらず、競売参加希望の一般人が住宅展示場の住宅内覧会の感覚で、競売物件の中を見ようと勝手に家の中に入ってくる
*競売物件の敷地に、競売参加希望の一般人が勝手に入ってきて中を望み込もうとする。
*競売参加希望の一般人が、競売物件の聞き込みに近所を回り、彼らには守秘義務とかが無いので、あの家競売になるのだとか、騒ぎだして大変なプライバシーの侵害行為をする。
*競売物件には隠れた瑕疵については、責任がないのにも関わらず、競売物件を落札した一般人はそれも知らず、瑕疵があると騒ぎ出す。
*競売落札後立ち退きについても、法的手続きがあるのにも関わらず、競売物件を落札した一般人は直ぐに退去してもらえると思い、強引に立ち退きを迫り立ち退きの際トラブルが絶えない。

「こうなる前に専門家に依頼して、任意売却の方法で債務の整理をして、解決をいたしましょう。」

任意売却のポイントは


信頼できる業者にお願いし、
金融機関と粘りづよい交渉をしてもらい、安心して、新しい人生の再生が可能となるという事なのです

【こんな方に任意売却をお勧めします】

2/2

 

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP