長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

離婚をする予定で住宅ローンの精算をご希望する方へ

  • HOME »
  • 離婚をする予定で住宅ローンの精算をご希望する方へ

離婚の為に住宅の売却し住宅ローンの精算を希望する方にも任意売却をお薦めします

夫婦で銀行から融資を受けて共同名義で住宅を購入した、しかし、何らかの理由で、離婚をする事になった。しかし、残債務がまだ残っている。

こんな方、気楽にご相談下さい。

よくあるケースですが、夫婦で連帯保証で金融機関から融資を受けて共有持分で住宅を建てるケースがあります。しかし、ご主人さんが会社をリストラされた事が原因で夫婦仲が悪くなり奥さんに男が出来たり、ご主人さんの浮気により、離婚になるケースがけっこうあります。

離婚をして、お互いに新しい人生をスタートする事も大切です。
しかし、その時問題となることは、夫婦で銀行から融資を受けて共同名義で住宅を建てて残債務が残ってしまっている場合です。
特に最近多いケースは、御主人さんが会社をリストラされて、夫婦中が悪くなりご主人さんの再就職先がなかなか見つからず、結局離婚になるケースも結構ありますが、こんな場合も競売になる前に、出来るだけ早い段階で任意売却による問題解決を提案します。

こんな時ご相談を頂ければ、任意売却をすることで住宅ローンを返済して連帯保証を外して、新しい人生のスタートが出来ます。

夫婦関係が悪化して離婚を考えられている方は、共有名義の住宅の売却は、離婚後お互いの連絡が取れなくなるケースもありますので、離婚前の方がスムーズに売却出来ます→離婚前の売却をお勧めいたします。もちろん、連絡やお互いの意志疎通が可能であれば、離婚後でも任意売却はスムーズに出来ます。

一人で悩んでいると判断がつかない場合もあります。離婚した方が良いかどうか悩んでいる方に対して、離婚した方が良いかどうかのカウンセリングも致します。気楽に何でもご相談下さい。
(なお、離婚についての法律的な相談は提携弁護士が対応します。)

連帯保証になって住宅ローンが残っている場合でも任意売却により住宅を売却する事で返済が可能になります。

—–事例紹介—–
夫婦で共有名義で持分割合1/2づつ所有し、住宅ローンは、ご主人さん名義で奥さんが連帯保証をしていて住宅ローンの残債務が1200万円ある。
ご主人さんに愛人が出来て家をご主人さんが出て行ったケース。

住宅を任意売却で処分することになり→1600万円で処分が出来て、
400万円を奥様が慰謝料としてご主人さんから頂きまして、協議離婚が成立し、且つ、住宅の買主の了承を得て、今まで住んでいた住宅を買主から賃借する事により、引越しの心配がなくなり、子供達も今までと同じ学校に通う事ができるようになりました。

任意売却の方法は、誠意を持って買主と話し合う事で、子供さんの通学問題も解決可能となります。

5,離婚する場合の、住宅ローンの処理ケース

1/2

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP