長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

4、滞納税金について

  • HOME »
  • 4、滞納税金について

税金滞納による差し押さえをはずすポイントは返済計画書提出と誠意ある対応

任意売却に当たっての、滞納税金については、どうしたらよいのでしょうか?

通常、住宅ローンの支払が滞納してしまっている方の場合、ローンの滞納と同時に固定資産税等の支払も延滞していることが多いことは上述の通りです。生活費の支払が苦しいから、ローンの返済のみならず固定資産税も滞納していて、税金だけ払ってあるというケースはほとんどありませんよね。自然の流れとして、ほとんどの場合ローンの返済が出来ない場合は、固定資産税も滞納をしていますよね。
では、住宅ローンを滞納していて、任意売却を選択された場合に、滞納している固定資産税は一体どうなるのでしょうか?

*担保不動産に差し押さえの登記がはいっていない場合

任意売却をする段階で、担保不動産に税金の差し押さえの登記がなされていなければ、税金の滞納の有無に関係なく、通常の任意売却の流れに従って任意売却を粛々と進める事ができます。
差し押さえ登記が担保不動産に対して無い限り、任意売却を進める事は可能であり、任意売却代金の一部も固定資産税の支払に回される事もありません。
だから、住宅ローンの支払が困難になった場合は、固定資産税の支払が困難になる前に、任意売却をすることが大切です。
また、差し押さえ登記がなされていない場合、債権者は任意売却での不動産の売却代金から、滞納固定資産税等の滞納金を控除経費として差し引く事を認めてくれることはありません。債権者も回収に必死なのです。差し押さえがなされていない場合まで、控除経費として認める事は無いのです。

*担保不動産に差し押さえの登記が入っている場合

任意売却をしようとしている担保不動産に、固定資産税等の滞納により差し押さえ登記がなされている場合、任意売却による不動産の売却代金から、その一部が滞納税金の支払にあてられる事があります。その例は上記でも説明しました。任意売却をした場合は、当然不動産の売却代金から滞納税金が支払われます。
しかし、この一部支払われる滞納税金の支払に回される分は、任意売却に当たっての差し押さえ解除料としての意味合いが強いのです。このことは、上記でもお話しましたが、任意売却のメリットでもあります。
しかし、滞納税金の全額か支払われることではありませんので、過度の期待は禁物であります。任意売却は債権者全員の合意があって初めて可能になるものです。少額の固定資産税の滞納により差し押さえ登記をされていて、差し押さえ解除料的意味合いの一部滞納税金の支払をしても、残りの固定資産税の滞納分の額が大変多い場合は、市町村役場は差し押さえ登記を解除してくれない場合もあります。そうした場合、任意売却が出来なくなってしまう場合もあります。滞納税金の差し押さえ額がなるべく少額のうちに任意売却をすることがベターです。

税金は国民の義務です。従って、住宅ローンは滞納しても固定資産税は支払努力をしてなるべく滞納しない事が必要です。固定資産税の支払をしてさえいれば、住宅ローンを滞納した場合任意売却による処理が可能です。
多重債務者は税金を滞納する
ところが、多重債務者は日々の債権者からの取立てにより、固定資産税等の税金の支払いを後回しにして、債権者からの取立てにより一般的な債務の支払を優先させてしまい、固定資産税の支払をおこたるケースが非常に多いです。そうすると、市町村役場は抵当不動産に対して差し押さえをして来ます。そして、延滞税は14.5%にもなってしまいます。そのまま放置して置いて数年が経過すると、延滞税の額だけで本税を超えてしまいます。多重債務者はそのような悪循環に陥るケースが多くて、差し押さえを外して頂けないので、優先的に固定資産税等の税金は払いましょう。

*固定資産税を滞納してしまったら

固定資産税の支払をおこたり固定資産税を滞納してしまい差し押さえ通知が来たら、市町村役場に行き誠意ある対応をして分割で固定資産税を支払うよう計画書を提出して計画的に固定資産税等の税金の支払をしましょう。
差し押さえを放置するのではなくて、計画書を作成して誠意を持って対応すれば差し押さえを取り消ししてくれます。固定資産税等税金の支払を優先させる事が大切です。差し押さえを外せれば任意売却はうまくいきます。
また、抵当不動産に対して、市町村が差し押さえをする場合、必ず抵当権を設定している金融機関・債権者に対して差し押さえをする旨の通知を出します。市町村役場から、金融機関に差し押さえ通知が送られた場合、金融機関の態度が変わります。金融機関は差し押さえ通知が市町村役場から届いた場合、住宅ローンの支払を優先させて支払いに滞納がなくても、債権の保全の為に、代位弁済等の措置をとるばあいもあります。その点に注意が必要です

*滞納税金は本税だけは支払おう

滞納税金は本税だけは優先的に支払いましょう、本税の支払を完納すれば延滞税は発生しません。本税の支払を怠ると延滞税が発生してしまいます。支払をしなければしないほど延滞税は膨らみます。延滞税だけになった場合、延滞税は膨らむ事はないので、分割払いが可能です。しかし、本税の支払を怠ると延滞税は膨らみます。そして、差し押さえを受けて任意売却すら困難という結果になります。本税の支払だけはきちんとしましょう。

任意売却を成功させるためには、市町村役場に行きまして、滞納固定資産税等の返済計画書を提出する等致しまして、誠意ある対応をして、市町村役場の心情を良くして理解を求めて、その上で任意売却を行う事が大切です。そうする事により、任意売却は成功いたします。

税金を滞納により不動産が差し押さえされていても大丈夫です

2/2

 

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP