長野県全域 任意売却 住宅ローンでお困りなら

リースバックについて

  • HOME »
  • リースバックについて

リースバックとは

任意売却において、買主の承諾を得て、買主に不動産を売却した後も、買主に家賃を支払う事で、そのまま今までと同じ家に住み続けることをいいます。
リースバックをした場合、引越しの必要がないので、子供達の通学の心配や友達関係等についての心配も全く発生致しません。

リースバックを成功させるポイント
① 買主を見つけるに当たり、当初からリースバックの旨を明らかにしておく。
② 買主を見つけるに当たり、家賃についての利回り計算をして、リースバックをした場合どれだけの家賃が年間に入り、投資利回りが何パーセントか明らかにする
③ 買主の理解と協力

リースバックの流れ

 

任意売却に当たりリースバックを前提として買主をさがす

任意売却を行うに当たり、リースバックを前提として利回り計算等をして、リースバックの対象物件という事で買主を捜す。買主としては、投資家・親戚先等が買主になる可能性が高いです。投資家は投資利回りがどのくらいになるかに興味があるので、その点を強調する

買主が見つかる

買主が見つかった場合、債務者に対する件や、滞納税金により差し押さえを受けている場合の市役所に差し押さえを外してもらう件は同じである。すなわち、通常の任意売却の方法により、差し押さえを外し、債務者に配当をし精算をする。

買主との間で賃貸借契約締結する

債務者と買主との間で、賃貸借契約を締結します。家賃は、当初提示した年利回りの月額相当分を毎月家賃として支払います。

引越しの必要が無くなる

引越しの必要がなくなり、子供達もそのまま今までの場所に住めて学校が変わったり友達関係が変わることもない。賃貸借契約を更新する事により長くその場所に住むことが出来る。

買戻す方法もある

買主との交渉で、売買契約に買い戻し特約をつけておいて、何年経ったら買い戻す等のことを定めておく事も可能です。この場合、当初の売却価格かそれよりも高い価格で買い取る旨を提示すれば、買主も買い戻し特約に応じると思われます

立ち退く場合もある

下記のような場合には、契約を解除して物件の明け渡しをして、立ち退くようになります。
① 賃貸借契約が更新されなかった場合、
② 買主の都合により、買主から賃貸借契約の中途解約の申し入れがあった場合
③ 家賃を滞納して賃貸借契約を解除された場合
④ 買戻し特約があるが、期間内にお金が用意できなかった場合

 

まずはご相談ください!相談無料! TEL 0120-175-153

PAGETOP